英語と独学

英語の学習を独学で始めている人も多いと思います。英語を独学で身につけるためには、英語を色々と沢山聞いて、そして沢山読んで、英語を話す、それが英語を身につけるための近道になると思います。英語というのは他の勉強と違って、トレーニング感覚で身につけた方がいいでしょう。英語のトレーニングの基本は繰り返すこと、何のトレーニングでも、繰り返すことは重要なことです。英語を独学で身に付けようと思っている人もトレーニングを繰り返すことが大切です。英語を独学で勉強している人にとても便利なものを紹介したいと思います。手軽に実践できることですから今からでもすぐに試してみるといいかも知れません。まず洋画です。洋画をDVDで見る際に、最近は、チャープターのところで色々と選べるところが増えています。洋画のDVDを見るときには、日本語字幕もなしの英語音声だけにしてみてください。英語のとても良い独学教材の変わりになりますよ。そしてテレビの2ヶ国語も利用しましょう。ニュースなども2ヶ国語放送にすれば、英語の独学に役立つとてもいい教材になります。この二つは無料ですぐにでも始められることです。そして最後に英字新聞。これはコンビニなどでも販売されていますから、英字新聞を読んでみましょう。毎日が無理な人は時間がる時だけでもいいでしょう。時事の単語も身についてボキャブラリーに幅が出ると思います。独学をするという人は出来るだけお金をかけずに勉強をしたいと思っている人だと思いますが、なかなか無料の教材となるものをそろえるのは難しいですね。それを探す方が時間がかかることもあると思います。自分が使いやすくて自分に合ったものを選ぶ、それも大変かもしれませんね。試行錯誤をとにかく繰り返して自分に合った英語の学習方法を探すこと、それが独学の少し大変な面かも知れません。その点英語教材を使ってしまえば、効率よく英語の学習を身につけることが出来ますし、短期間でも英語の習得も可能です。英語を独学で身につけたいと思っている人は、相当色々と覚悟して行わなければいけませんから、独学で勉強するのか、それとも教材を利用するのか、どちらが自分に合っているのかということはよく考えた上で英語学習をスタートさせるといいと思います。自分の興味とモチベーションが下がらないような方法を探して英語学習を始めること、それが独学では重要なこととなりますので覚えておくといいでしょう。

英語と留学

英語を身につけるために留学を希望する人も増えています。留学をすれば必ず英語が身に付くと思っている人もいると思いますが、ただ単に留学しただけでは英語が身に付くとは限りません。英語を身につけるためには、留学して勉強して努力しなければいけないのです。英語を勉強するために留学をする人の中には、すべて留学エージェントに任せておいて、出発当日に留学をして、段取りよく留学生活をスタートさせる人が多いですが、それも実は英語を勉強する機会を失っていることの一つです。留学前から自分で手配をして、英語を使ってあれこれ手続きをするという大変さについてもある程度は身につけておいた方がいいのではないでしょうか。その点がなかなか留学しても活きた英語を身に付けられない人との違いです。英語を身につけたいと思っているのであれば、やはり活きた英語を身につけることが大切です。そのためには留学中も努力は必要です。どんな努力をすればいいのか、具体的に言ってみると、たとえばですが、日本人留学生が多く集まるような場所に行ったとしても、とにかくあまり日本人同士で集まらないことですね。せっかくの留学生活です、英語だけで生活した方がいいのに、日本人同士で集まっていたらこれは意味がありません。日本人同士で集まらないようにして、できるだけ英語だけの生活をすること、それが大切です。日本語を使わないということも留学中には心がけておきましょう。何かあったときのサポートデスクを利用することもいいですが、日本語を使ってしまいます。本気で英語を身につけたいのであれば、必ず留学中も英語だけで生活をすることが大切です。留学で英語が流暢に身に付くには、最低でも1年、本来ならば3年は必要といわれています。数か月短期留学したところで英語は身に付きませんから、英語を本気で身につけたいのであれば長期留学が基本です。語学学校へ入ってしっかりと英語を学ぶ環境で留学生活を送ることをお勧めしますし、滞在はホームステイにした方がいいでしょう。プライベートな時間は減るかもしれませんが、ホームステイの方がさらに英語を使う機会が増えますから、なお英語力を身につけるのにいと思います。英語を本気で身につけたい人は生半可な気持ちで留学しても身に付きませんから、やはりしっかりと身に付くように考えて本気で留学するようにしましょう。現地の人とのコミュニケーションもたくさん取るようにしましょう。

英語と興味

英語を学習するにあたってやはり興味のあることを勉強しないとなかなか頭に入らないと思います。英語を学習していても右から左という人は意外と多いと思いますが、日本語でも興味のないことを勉強するということは苦痛に感じている人も多いのではないでしょうか。誰だって興味のないことを勉強するというのは苦手です。英語ならなおさら苦手意識を感じるのではないでしょうか。英語が苦手で興味がないという場合には、それを無理に学習しようと思っても頭に入るはずがありません。記憶力が完璧で、英語に興味がないといっても記憶すれば頭に残るという人なら別として、多くの人が、興味のないことは記憶することも難しいとされているのです。英語で興味のないことを覚えることは英語力を付けようといくら勉強を頑張ってもそれは難しい話です。そうなると自分にとって英語は向いていないとか、合わないと感じる人も多いと思います。しかしただ単に興味が持てないだけで英語を合わないと思ってしまうにはもったいない話です。興味を見つける努力をしてみてはいかがでしょうか。自分が興味を持てることを探すことで、英語が自然と身についてきます。今まで興味がないと思っていた英語も、興味を持ち始めたとたんに頭に入り始めるという人も多いのです。何を話しているのか知りたい、そんな些細な興味でもいいのです。興味を持ってみるだけで英語が自然に身についていきます。今まで英語を勉強してもなかなか頭に入らなかった人は、興味を持てることを探してみませんか?英語に興味がないのに、英語を勉強しようと思ったことには何か興味を持てることがあったからではないでしょうか。英語で映画を見てみるのでもいいのです、何でもいいので些細な興味でもいいですから、興味を持ってみることが大切です。英語が楽しいと感じる、興味を持てるようになれば、英語の学習をしてもしっかりと身に付くようになります。英語に興味がないけど、大学に入るために英語が必要である人、仕事で英語が必要になった人など色々ですが、どんな理由があるにしても興味を探して、まずは英語が楽しいことであるということから入ると、スムーズに身についてくると思います。今まで無理だったことを興味をもてということは難しいですが、興味を持つことで、受け身で英語学習をしていた人は、受け身から能動的に動けるようになると思いますので、ぜひ興味を見つけて英語学習をすることをお勧めします。